節税対策でおすすめのふるさと納税を利用!まずは仕組みを理解

野菜

さまざまな利点

魚介類

ふるさと納税を利用することで、全国にある地域の魅力に触れることができるでしょう。ふるさと納税による寄付で嬉しい特産品を得られるほか、寄付によって地域の活性化が促され、結果として国内によい影響が現れるのです。

もっと見る

これからの展望

風景

ふるさと納税は2008年に始まった地域振興策の一つです。現在では豪華な特産品や節税効果が人気を呼び、利用者数は現在9倍以上に増えているとされています。自治体の財源が増えたとする話もあるため、これからも利用できるでしょう。

もっと見る

流れを理解しよう

食材

ふるさと納税をするときには、まずは自分が寄付したい、納税したいと思う自治体を決めます。最近では、地方自治外の特産品や納税することでもらうことができる特産品でおすすめのものを紹介しているサイトも数多く存在しているのですぐにチェックすることができます。どの地方自治体がどの都道府県にあるのかいまいち理解できていないという人は、特産品から選んでみても良いでしょう。おすすめ特産品を紹介しているサイトでは、地域で絞って特産品をチェックできるのはもちろんのこと、肉やお菓子というような特産品ジャンルから地域を調べることもできるので非常に便利です。

ふるさと納税をする自治体が決まったのであれば、その後はその自治体に申し込みを行ないます。本来であれば、その地方自治体に直接問い合わせて必要書類や手続きをする必要がありますが、こうしたサイトを活用すれば問い合わせや申し込みフォームから簡単にふるさと納税の申し込みができるのでかなり便利です。こうした申し込みフォームを利用して簡単に手続きをする場合、事前にあらゆる手続きが必要な場合もあるので事前に確認しておくのが良いでしょう。ふるさと納税は地方自治体によって実施内容や制度が若干違ってくるので、納税したいと思う地域のことは事前調査しておくことも大切です。

納税をした後に特産品を受け取ったのであれば、その特にふるさと納税の寄付金受領書というものを受け取ります。地方自治体によって受領書の渡し方は違い、特産品と共に同封してくるところもあれば、その後数カ月後に送付されるところもあります。この寄付金受領書は、確定申告の時に必要な書類となるので、手元に届いた後は大切に保管しておくことが肝心です。基本的にふるさと納税は税金控除を受けることができるので、自分で確定申告をする必要があります。

高い特産品と節税効果

カニ

ふるさと納税のメリットとして、個人が寄付した金額よりも高い特産品を送り届けてくれるという点が挙げられます。さらに納税により住民税の一割が還付されるので、節税として利用することもできるのです。

もっと見る