高い特産品と節税効果|節税対策でおすすめのふるさと納税を利用!まずは仕組みを理解

節税対策でおすすめのふるさと納税を利用!まずは仕組みを理解

食材

高い特産品と節税効果

カニ

ふるさと納税は故郷でない自治体も含めて、現在住んでいる自治体以外の自治体に寄付をする制度です。ふるさと納税を行った人に対して、自治体はお礼として特産品やその地域への宿泊券などを進呈してくれます。ふるさと納税といっても前途の通り中身は寄付金ですので、お礼という言い方はおかしいのですが、自治体側の意図としては、地域の特産物や地域そのものの価値をアピールするという趣旨で進呈しているものです。これらの特産物はいくら以上の寄付をするかによって選択のできる商品が異なってきます。しかし、いずれも通常購入する場合は、その商品を寄付金のお礼として入手するために最低限必要な金額よりもかなり高価なものが多いです。ですので、ふるさと納税で寄付する額によって、割安に地域の特産品の入手や地域への旅行が可能になるのです。

個人の場合、ふるさと納税で2000円以上の寄付をした場合、住民税のおよそ1割程度が所得税から還付、住民税から控除される仕組みです。年収や家族構成により控除額は異なりますが、例えば、40,000円の寄付をしても38,000円分の税金が控除され、実質的に2,000円の負担で特産品などを入手できるといったケースもあり得るのです。特産物などの御礼の商品の相場としては、2,000円から対象となる商品を用意している自治体もありますが、10,000円以上から、という商品が最大のボリュームゾーンになっています。WEBサイト上でそれぞれの人の収入や家族構成に応じた控除額の目途を簡単に算出することもできますので、予め自分の控除額を確認した上で、いくら寄付をするかを決めておくことが肝要です。